団地の中のオアシス、藤沢市大庭の「二番構公園」

夏も本番。学校も夏休みに入って、会社も長期休暇になるところも多いですよね。
お家で過ごすことがスタンダードになりつつある昨今ですが、折角の夏休みなのに毎日お家にいるのもちょっともったいない気がしませんか?

そんなときは、三密を避けながら涼しい気分も味わえる公園へ出かけるのがオススメです。
今回は藤沢市の大庭にある「二番構公園」へ行ってきました!

団地の中のオアシス

二番構公園は湘南ライフタウンという大型団地の中にある公園です。
比較的コンパクトな公園ですが、園内には水飲み場とお手洗いを備えていてお子様連れでも安心して利用することができます。
子どもが大好きなアスレチックや広場のほかに、季節の花を楽しめる緑にあふれた空間で、まさに地域のオアシスとして愛されている公園です。

エリアに分かれた南北に長い公園

この公園は南北に細長いかたちになっていて、さらに南から北へ緩やかに下る傾斜地に作られています。

その長い地形を生かして南、中央、北のそれぞれでイメージが違うのが面白いなと思いました。
私が思うそれぞれの特徴をご紹介します。

のびのび遊べる南エリア

バス停「保健医療センター前」で下車してすぐの場所が南エリア。
ここは遊具や広場があって、子どもたちがのびのび遊べる空間です。

アスレチックはうんていや吊橋、滑り台などを組み合わせた大型のもので、子どもが見つけたらやりたがること間違いなし!
周りは砂地や芝生で囲まれているから、走り回ったりお絵描きしたりと思い思いに楽しむことができそうです。

また、近くには日差しを遮ってくれる大きな木や、ちょっと腰掛けられるスペースもあるので親御さんも見守りやすいですね。

外国の公園のようにオシャレな中央エリア

南エリアを少し下る中央エリア。
お手洗いと噴水池があります。

噴水には洋風のステキな彫像があってとてもオシャレ。
この噴水池には池の中を渡れる足場があって、実は子どもたちに大人気スポットでもあります。
しっかりとした大きめな足場なので、子どもだけでは心配なときに親御さんも一緒に渡ることができますよ。

お手洗いは男性用と女性用、さらにオストメイトに対応した車椅子があります。

そしてタイル張りのキレイな広場の奥には立派な藤棚が。

下にはベンチがあるので休憩にはもってこいです。
本を読む人や景色を眺めている人など、大人がくつろいでいたのが印象的でした。

水路を中心とした趣のある北エリア

そこからさらに下ると今度はゴツゴツとした渓流の流れる北エリア。

広々と明るく開けた今までのエリアとは一変して、こちらはまるで森の中のよう。
優しい木漏れ日と水の流れる音が合わさって、夏場には絶好の涼みスポットです。

小さな東屋と水飲み場もあるので、ピクニック気分でお昼を食べるのにもいいですね。
東屋から先は開けた明るい空間になっていて、渓流もキレイに整備された水路に変わります。

ヨーロッパの公園にありそうな彫像とシンメトリーなデザインがとってもオシャレ。
セミの声を聞きながらゆっくりと散策するのも楽しそうです。

大人も子どもも楽しめる公園

いかがでしたか?
大型団地の中にある子ども中心の公園かと思いきや、ベンチや藤棚、オシャレな水路など、大人も楽しめる魅力的な公園であると感じました。
公園の近くにはパン屋さんや大型スーパーがあって、手軽にランチを楽しめるのも便利です。
ぜひ次の休日には二番構公園へ出かけて、癒やされてみてくださいね。

二番構公園
住所:神奈川県藤沢市大庭字二番構5528番
TEL:0466-50-3535
   (藤沢市役所 都市整備部 公園課 直通)
アクセス:JR東海道線「辻堂駅」北口より神奈中バス「ライフタウン中央」下車徒歩2分
     小田急江ノ島線の「藤沢駅」「藤沢本町駅」「善行駅」「六会日大前駅」「湘南駅」 
     より神奈中バス「二番構保健医療センター」下車徒歩1分
開園時間:常時開園
入園料:無料