世界緑茶コンテスト最高金賞を受賞!藤沢日本茶専門店「茶来未 Chakumi」

午前中は家事をしながらラジオを聴くのが私の日課ですが、そのラジオから近所である藤沢市遠藤と流れ、思わず家事をやめ、聞き耳を立てました。

その際に紹介されたのが、ここ日本茶専門店「茶来未 Chakumi」。
遠藤に日本茶専門店があることにびっくりですよね。しかもお茶だけでなくお茶のアイスもあるということで、「アイスが食べたい」という息子の希望を叶えるべく、先日行ってきました。

知っていたら周りの方から一目置かれる存在に!

「茶来未」は、世界緑茶コンテスト最高金賞&パッケージ大賞のW受賞(大会史上初2度のW受賞)した茶師「佐々木健さん」が日本茶文化の継承と日本茶の素晴らしさを後世に伝えるために創業したお店です。

神奈川県産の湘南ゴールドを使った緑茶「ひだまり」は、佐々木健さんの独自製茶製法と特許技術で作られるとても珍しいフレーバー緑茶。「茶来未」でしか製造できない貴重なお茶の他、大手メーカーとコラボした商品もあるそうです。

さまざまなお茶があり迷いましたが、今回購入したのは、花粉症を改善すると言われている「べにふうき」。べにふうきだけでも数種類ありました。さすがですよね。
花粉症なのでさっそく帰宅後から飲み始めたら、効果が出たのか症状が落ち着いてきました。花粉症のみなさん、ぜひご購入を。

そして、珍しい「ほうじ茶そば」と後述するアイス。茶そばはよく拝見しますが、ほうじ茶そばは初見だったため購入してみました。
家族がそろった日に食べようと思っているのでまだ食べていませんが、食べるのが楽しみです。
ちなみに「茶そば」は海外に輸出されている人気商品だそうです。

パッケージや商品名がセンス抜群!

「茶来未」のお茶コーナーを見るとパッケージがおしゃれ!かつ、お茶の名前が面白くてびっくりしました。今までのお茶のイメージが覆されました。それもそのはず、パッケージも世界緑茶コンテストの最高金賞を受賞されたもの。

「ぱちり」、「そんならば」、「むかんしん」と、名前が面白いですよね。これ全部商品名なのです。今までの日本茶ってどこか堅苦しい印象がありましたが、これならSNS時代にピッタシ!インスタ映えもしそうですよね。

暑い時期にはぴったり!「茶来未」のアイス!

本日のメインであるアイスコーナー。アイスがたくさんあって迷いました。

アイスは持ち帰って食べることもできますが、お店の外で食べることもできます。この日は快晴で、暖かい日だったので外のちょっとした休憩スペースにあるベンチで食べました。

アイスを食べながらのんびりしていると、店員さんが淹れたてのお茶をサービスで出してくれました。
今回購入したほうじ茶蕎麦に使われている、こだわりのほうじ茶と一緒に食べるお茶アイスは最高です!そして、急須で淹れたお茶を飲むと日本人で良かったなといつも思います。

実は未就学児の息子はお茶のアイスは苦いので食べないのですが、ここの「焙じ茶アイス」は、一人で完食するほどおいしかったみたいです。
しかも、自然の原料で可能な限り添加物を使わずに作っているということですので、子どもにも安心して食べてもらえます。

私は、「茶来未」が生産している神奈川産の新ブランド茶「丹沢大山茶」の煎茶アイスを食べました。濃厚ですが後味はさっぱりしていてどんどん食べてしまうアイスです。他にも種類がありますので、行った際にはチェックしてみて下さい。

駅からは少し距離がありますが、珍しい日本茶専門店。ぜひ行ってみてくださいね。

手軽に楽しめる普段使いのお茶から贈答用のお茶が揃い、更には健康茶や人気のお茶アイスなど日本茶専門店だけあって、いろいろと楽しめるおすすめの場所です。

茶来未 Chakumi
住所:神奈川県藤沢市遠藤2526-25
電話番号:0466-54-9205
アクセス:JR「辻堂駅」からバス
     JR・小田急江ノ島線・江ノ島電鉄「藤沢駅」からバス
     小田急江ノ島線・相鉄いずみ野線・横浜市営地下鉄ブルーライン
     「湘南台駅」からバス
営業時間:10:00ー18:00
定休日:年中無休(年末年始を除く)

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。